日本の陶芸の手法を教えてもらえる「もへじ窯陶芸倶楽部」

自分の暮らしは、自分でつくろう。
自分で家を建ててみる。
自分でお米を作ってみる。

そんな『どっぽ村』のコンセプトに『自分で作った器」を加えてみませんか?
手仕事のおもしろさ、物作りの楽しさを一緒に体験しましょう。

「もへじ窯陶芸倶楽部」は、下記のプログラムを用意してくれた猪股氏によって始まった場所です。現在は、受講生によって管理されている作陶の場所になっています。

詳しくは、どっぽ村 facebookメッセージよりお問い合わせください。

 

作陶体験コース

作陶体験の模様 「陶芸ってどんなんかな~」って思われている方の体験コースです。
手びねり、ひも作り、タタラ作りで日曜食器、花器をはじめお好きな物をお作りいただき、施釉(釉薬掛け、絵付け)まで体験できます。
ご希望によりロクロによる成形体験もできます。お時間の都合が付く方は、作品がある程度乾燥した後の削り仕上げまでしていただきます。 後日、素焼き後、施釉にも来ていただけます。
お時間のない方は削り仕上げ等をこちらにお任せいただいてもけっこうです。

【開講日、時間】
月1~2回(土、日曜日)開講予定。
午前10時~午後4時の間で都合のいい時間。
開講日は「どっぽ村」トップヘージにてご確認ください。

【費用】
2,000円
抹茶茶碗程度の大きさのものなら2~3個くらい、
湯呑み5個分くらいの材料費(土代、焼成費)を含みます。


不定期 月2回程度、土曜日と日曜日に開講する予定。

講師プロフィール

猪股芳夫 photo

猪股芳夫

1950年生
北海道出身
血液型:B型
星座:射手座
関西外国語大学留学生別科陶芸コース講師

ページの先頭へ戻る